logo

g-navi

研究成果2020:論文

研究成果menu

所内統計相談

研究成果:論文

【論文】 Neuroimage誌に 思春期女子の性的成熟と脳における前帯状皮質膝下部体積および精神的不調の関係に関する論文が掲載されました。

2020年4月2日 00時00分 思春期

思春期発来が早い女児で認められやすい心理的な困難さの一因を、脳科学的に解明した研究です。
女児における思春期の早発とメンタルヘルスの関連はこれまで、ボディイメージの悩み、不適切な仲間関係、虐待の影響といった、小児科学や進化心理学などの文脈で考察されていましたが、その脳基盤はわかっていませんでした。この研究では、前部帯状回膝下部という気分障害に関連する部位の回路障害と関連する可能性が示唆されました。ヒトが個人のウェルビーイングをどのように発展させるかという主体価値の不全に関して、その理解の一助となる可能性が期待されます。

<論文タイトル>Smaller anterior subgenual cingulate volume mediates the effect of girls' early sexual maturation on negative psychobehavioral outcome.
<掲載学術誌>Neuroimage(2019年12月26日 オンライン掲載)
<DOI>
10.1016/j.neuroimage.2019.116478.

論文 思春期 東京ティーンコホート